中山秀征 有吉&夏目アナの結婚祝福「同じ思いがあって、幸せをつかみ取ったんじゃないか」

[ 2021年4月4日 14:11 ]

タレントの中山秀征
Photo By スポニチ

 タレントの中山秀征(53)が4日、MCを務める日本テレビ「シューイチ」(日曜前7・30)に出演。1日に電撃結婚したお笑いタレント有吉弘行(46)とフリーアナウンサー夏目三久(36)に祝福の言葉を送った。

 中山は同局でかつて放送されていた「おもいッきりDON!」で夏目と共演。有吉とも同局の「DON!」をはじめ、多くの番組で共演している。

 2人の結婚報道に「幸せいっぱいの模様が伝ってきます」と目を細めた中山。夏目アナについて「夏目ちゃんはもともと1年目からみのもんたさんの『おもいッきりイイ!!テレビ』で一緒に司会を務める、あの、あのみのもんたさんを相手にできる、1年目ですよ。これはね、ただものではないです。その様もアナウンス力もズバ抜けてましたよね。特にスタジオに入っただけで華やかになるという、スター性も持ってらっしゃいましたから。すごかったと思う」と絶賛した。

 有吉についても「猿岩石でデビューして、すごい大ヒットするわけですけど、その後、なかなか難しくて、足踏みする時期もあって、その頃も何度が一緒に飲んだりさせてもらったけど、有吉くんって努力家だけど、シャイで、プライベートが実は分からないってところもある。そんなところも有吉くんの魅力だったりする」とその人柄に触れた。

 有吉と同局「有吉反省会」で共演していた精神科医の名越康文氏(60)は「2人を見ていると、諸行無常…若いけど、本当に山あり谷あり。この状態はいつ崩れるかもわからない、また地獄のような状態がまた天国になるかもしれない。芸能界の常を味わってきた2人。共有できるただ一人の人通しって感じはしますね」と2人の境遇についてコメント。これに、中山も「お互いに語り合えるというか、お互いの気持ちがよく分かると思う。ある種地獄を見たというか、同じ思いがあって、幸せをつかみ取ったんじゃないか」と理解を示した。

 かつて有吉が夏目アナについて「成り上がりボブ」とあだ名を付けたことを引き合いに、中山は「2人にあだ名を付けるとしたら、地獄を見た天使じゃないでしょうか。末永くお幸せに」と祝福した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月4日のニュース