さんま 紳助さんと電話で“アホみたいな話” 「400万貸して」から…「俺とお前の友情は50万け」

[ 2021年4月4日 13:19 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(65)が3日放送のフジテレビ「さんまのお笑い向上委員会」(土曜後11・10)に出演。11年に芸能界を引退した元お笑いタレント・島田紳助さん(64)との電話のやりとりを明かした。

 「珍しく紳助から連絡があって『声が聞きたくなったんや』って言って。『宮迫(博之)と偶然会った』『今、お前のことを熱く語ってたんや』って」と、お酒に酔った状態の紳助さんから電話が。

 「語らんといてくれって言ったら『そんな冷たいこと言うな』って」と、やりとりをする中、紳助さんがギャグで「400万貸してくれ」と言ってきたという。さんまが「お前には50万円しか貸されへんわ」と返すと、紳助さんは「俺とお前の友情は50万け」と嘆いていたそうで、会話を再現。「アホみたいな話やった。(電話)切ったわ」と明かして沸かせると、共演者からは「楽しんでますやん。ちゃんとしたラリーやってるやん」とツッコまれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月4日のニュース