中居正広 コロナ関連ニュース 伝える上でのポリシー「あおらない」

[ 2021年4月4日 12:12 ]

中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(48)が4日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。新型コロナウイルスの報道について自身が心がけていることを明かす場面があった。

 中居はテレビ朝日「中居正広のニュースな会」(土曜正午)でキャスターを務め、同番組で新型コロナに関する情報を毎週のように伝えている。

 厚生労働省の職員の23人の会食などについて紹介する中、作家の乙武洋匡氏(44)は「同調効果っていうのがあって、こうやって自粛守っていない人がいますよっていうのはやればやるほど、俺らもいいかって人が増えて来ちゃうんです。逆にちゃんと自粛している人たちのことを伝えて、みんな自粛してるんだって報道したほうが自粛する人が増える。ちゃんと自粛守っている人のこともやったほうがいい」と主張した。

 そんな中、コロナ関連ニュースの伝え方について心がけていることを聞かれた中居は「あおらない」とそのポリシーを明言。「怖いものなんだとか、あまりあおってしまうと良くないなって。他の番組があおりが多いからってわけじゃないけど、でも専門の人に話してもらうだけ。やっぱり地球終わるんじゃないかって(言う人もいる)何が正解かわからいないっていうのが(現状)」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月4日のニュース