生島ヒロシ レギュラーラジオが5日に6000回のメモリアル「みなさんの声援、後押しがあってのおかげ」

[ 2021年4月4日 14:38 ]

6000回放送のゲスト・三浦祐太朗(左)とポーズを作る生島ヒロシ
Photo By 提供写真

 フリーアナウンサー生島ヒロシ(70)がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜前5・00)が5日、放送6000回目を迎える。

 98年4月6日に放送を始めて23年。遅刻は2回あるものの、病欠「0」というタフな日々。メモリアル放送には、俳優の三浦友和(69)、元歌手の山口百恵さん(62)夫妻の長男で歌手・三浦祐太朗(36)や代替医療、ホリスティック医療の第一人者・帯津良一帯津三敬病院名誉院長(85)、エコノミストで獨協大学経済学部教授・森永卓郎氏(63)らが登場し、番組を盛り上げる。

 加えて「6000回記念のスマートウォッチ発売」の告知も行う。生島は「リスナーのみなさんの声援・後押しがあっての6000回です。感謝の気持ちを込めて、全力でしゃべります!」と抱負を語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月4日のニュース