×

大谷翔平 第1打席で3試合ぶり安打となる三塁内野安打、第3打席は左前打でマルチも記録

[ 2022年5月22日 10:16 ]

ア・リーグ   エンゼルス―アスレチックス ( 2022年5月21日    アナハイム )

<エンゼルス・アスレチックス>初回無死、三塁内野安打を放つ大谷(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は21日(日本時間22日)、本拠地エンゼルススタジアムでのアスレチックス戦に「1番・DH」で先発出場。1番での先発は4月24日(同25日)のアストロズ戦以来25試合ぶりで、第1打席で3試合ぶりの安打となる三塁内野安打を放ち、第3打席でも左前打し、マルチ安打をマークした。

 初回無死の第1打席、ア軍の先発右腕モンタスの内角直球に詰まって三塁前へのゴロとなったが、三遊間に三塁手しかいないシフトに助けられて内野安打。17日(同18日)のレンジャーズ戦の第5打席で右前打して以来3試合ぶりの安打となった。モンタスとの過去の対戦成績は20打数8安打で打率・400、3本塁打と好相性だった。3回2死の第2打席は右腕アセベドと対戦し、一ゴロだったが、左腕コラレクと対戦した6回無死の第3打席でも左前打し、15日のアスレチックス戦で2安打して以来5試合ぶり今季12回目のマルチ安打を記録した。右腕ルモアーヌと対戦した7回無死の第4打席は遊ゴロだった。

 前日20日(同21日)の同カードは「3番・DH」で先発出場し、3打数無安打。この試合までの打撃成績は40試合で161打数40安打、打率・248、8本塁打、27打点、6盗塁となっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月22日のニュース