×

明大、立大に9回追いつき執念のドロー エース蒔田7回零封「相手の荘司さんより少しでも長く投げないと」

[ 2022年5月22日 05:30 ]

東京六大学野球第7週第1日   明大3―3立大 ( 2022年5月21日    神宮 )

<明大・立大>9回、同点打を放ち、ランナーコーチの蓑尾(手前)とともにガッツポーズする明大・西山(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 勝ち点を挙げたチームが優勝という立大―明大1回戦は、明大が9回に堀内祐我内野手(3年)と西山虎太郎外野手(4年)の適時打で追いつき延長12回で引き分けた。第2試合は法大が18安打を放って東大に先勝した。

 明大は9回に執念で追いつき、引き分けに持ち込んだ。「(9回の)タイムリーはうちらしいクリーンヒットじゃなかったね。でも追いついたら勝たないと」と田中武宏監督は悔しさものぞかせた。先発の蒔田(まきた)が中3日で7回を零封。4番手で登板した左腕・千葉が延長の3イニングを抑えるなど新戦力も加わった。「相手の荘司さんより少しでも長く投げないと。高校時代も大一番(県決勝)で勝ててないし、大学で取り返すつもり」と今季4勝をマークしてエースに躍り出た蒔田は意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月22日のニュース