×

ロッテ・マーティン 復調の決勝弾!2軍再調整経験も最近4戦3発「打撃をちょっと変えた。何を?あはは」

[ 2022年5月22日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―2ソフトバンク ( 2022年5月21日    ペイペイD )

<ソ・ロ>8回1死二塁から勝ち越し2ランを放ったマーティン(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテ・マーティンは人さし指を立てて、「ノン、ノン、ノン」と笑った。開幕から絶不調に陥り、今月初めには2軍再調整も味わったが、同点の8回1死二塁、右中間へ決勝4号2ラン。今季18試合連続無失点投球を続けていた又吉を、一振りで沈めた。

 「メンタルをリフレッシュできたこともあるし、打撃をちょっとだけ変えたことがある。それが効いたのかな。何を変えたかって?あははははっ…」

 復調の理由を問われけむに巻く様子にも、手応えが垣間見えた。打率・165と、決して納得できる数字ではないが、最近4試合で3発と一気に量産態勢へと突入。直球に差し込まれていた打撃も、打席の中で早めに準備することでミスショットが激減してきた。

 同点の6回無死一、三塁ではセーフティースクイズを狙った。これには相手バッテリー以上に、味方が驚いた。打球は投手前に転がり、スタートが遅れた三塁走者・高部は本塁タッチアウト。試合後の井口監督も「マーティンが勝手にやりました」と苦笑いだが、本人は「失敗したけど、自分では悪いアイデアだとは思っていない」と勝利への貪欲な姿勢をナインに示した。

 この1週間は首位・楽天、2位・ソフトバンクとの6連戦だったが、主砲復活もあり、これで4勝1敗。22日も白星なら、3連勝となる。交流戦へ大きな弾みをつけたいところだ。(横市 勇)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月22日のニュース