×

阪神・ウィルカーソン、二塁踏ませぬ好投で7回零封3勝目 球場で見守った家族に感謝の言葉

[ 2022年5月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-1巨人 ( 2022年5月21日    甲子園 )

<神・巨>試合後、ハンナ夫人(左)と熱いキスを交わすウィルカーソン(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 しびれるパフォーマンスで宿敵を圧倒した。ウィルカーソンは二塁を踏ませぬ快投で7回3安打無失点。今季3勝目をマークした助っ人右腕は納得の表情で98球を振り返った。

 「全球種しっかりコントロールすることができた。バッターのタイミングを外して、弱いゴロを打たせたり、空振りが取れたり」

 走者を背負っても慌てない。2個の併殺を奪うなど要所を締める投球を披露。7回も先頭の吉川に中前打を浴びたが、岡本和を129キロのスライダーで二ゴロ併殺。ポランコも中飛に仕留めて来日最長イニングを投げ切った。スタンドで見守ったハンナ夫人ら家族にも届ける白星。愛妻家は「野球が終わったとしてもそばにいてくれるのは彼女ら(家族)。球場にいてくれるのは大きい」と感謝した。

 そしてもう一人、背番号52が頭を下げた存在がいる。2軍戦も通じて初めてバッテリーを組んだ長坂の好リードに導かれた。「長坂の配球がすべて。首を振る場面は見えたと思うんですけど、自分たちのプランでやったこと。1個上のステージに上がった時に結果が出ない選手たちは多くいる。その中で彼は今日、ヒーローになった」。米国ではマイナー暮らしが長かっただけに4年ぶりのスタメン出場となった後輩に当たったスポットライトに目を細めた。

 甲子園での巨人戦は早くも2勝目で、伝統の一戦は計18回で3失点、防御率1・50と「キラー」の気配も漂う。頼もしさを増す“ウィルク”の底はまだ見えていない。(遠藤 礼)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月22日のニュース