×

明秀学園日立の“二刀流”ハワイ生まれの石川ケニー 勝利投手&先制打含め3打点

[ 2022年5月22日 13:25 ]

高校野球春季関東大会・2回戦   明秀学園日立8―1銚子商(8回コールド) ( 2022年5月22日    栃木県総合運動公園 )

<明秀学園日立・銚子商>5回を4安打1失点に抑え、勝利投手となった明秀学園日立・石川
Photo By スポニチ

 茨城・明秀学園日立の“二刀流”石川ケニー選手(3年)が8強進出の立役者だ。「4番・投手」で出場。投げては5回1失点に抑えると、打っても初回2死二塁から先制の右前適時打など3打点とチームを引っ張った。

 「猪俣1人じゃ夏は苦しいので…。あいつを助けたかったから(公式戦の)関東大会に自分が投げられて、いい経験ができた」。4月末に判明した腰椎の疲労骨折は依然完治していないが、センバツに続く夏の甲子園へ、エース猪俣と二本柱で臨もうとする主将の覚悟がマウンドに立たせた。「痛いはず。でも本人が行きたいと言うから。石川でなければ投げられない」と金沢成奉監督。この日も医師の許可を得た上で、71球を投げ抜いた。

 高校通算25本塁打の打撃は好調だ。先制打に続き、8回はコールドを決める右越え2点三塁打。6回からマウンドに立った猪俣の負担を減らしたとあり「最後はアイツを助けられた」と笑った。
 エンゼルス・大谷の「二刀流」が連日報道されるが、石川は冷静に自己を分析している。「自分はそこまでのレベルじゃない」と前置きしつつ「チームに貢献するため、投打両方やらしてもらっている。野手・投との練習メニューは多いけど、苦にはなりませんし、楽しいです」。ハワイ生まれの“二刀流”がスケールアップしようとしている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月22日のニュース