×

岸川勝也氏 被弾のソフト又吉 コントロールの良さは危険もはらむ 制球ミスが痛手に

[ 2022年5月22日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2-4楽天ロッテ ( 2022年5月21日    ペイペイD )

<ソ・ロ>8回、マーティン(奥)に2ランを浴びる又吉(撮影・岡田 丈靖)                
Photo By スポニチ

 【岸川勝也 視点】甲斐は内角にミットを構えていた。8回に又吉がマーティンから浴びた決勝2ラン。カットボールが真ん中高めに甘く入り、仕留められた。大事な場面で痛いミスが出た。

 又吉は本来コントロールが良い投手だ。だが、それゆえの危険もはらむ。打者は狙いを絞りやすく、制球ミスは痛手となる。2死一塁からは岡に右越え二塁打を浴びたが、ここではコースが外角に偏った。相手の積極的なスイングを見越した投球が大事になる。

 打線は美馬を打ち崩せなかった。特にグラシアルはスライダーなどで外角中心に攻められ2三振と、からっきしダメだった。昨季までのシュートの印象を引きずったのだろう。ただ相手捕手は新戦力の松川。新人で遠慮する部分もあり、それほど厳しくは内角を突いてこない。捕手によって対応を変えていく必要がある。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月22日のニュース