×

報徳学園4強!二刀流エース・榊原「打った瞬間いったな」場外弾 元阪神・葛城コーチのアドバイス効いた

[ 2022年5月22日 05:30 ]

春季高校野球 近畿大会第1日   報徳学園8-2市和歌山 ( 2022年5月21日    紀三井寺 )

<市和歌山・報徳学園>3回、3ランを放ちベースを回る報徳学園・榊原。手前は先発の正重
Photo By スポニチ

 東海、近畿大会が開幕し、近畿では昨夏甲子園覇者の智弁和歌山が西城陽(京都)を下し6回コールドで快勝。報徳学園(兵庫)は今春選抜8強の市和歌山を破り、それぞれ準決勝に進んだ。22日は今春選抜優勝の大阪桐蔭、同準優勝の近江(滋賀)が登場する。

 打球が上がった瞬間、スタンドが「ウォー!」とどよめいた。「5番・中堅」でフル出場した報徳学園の二刀流エース左腕・榊原七斗(3年)が、今春選抜で花巻東の佐々木麟太郎を完璧に抑え込むなど活躍した市和歌山の剛腕・米田天翼(3年)から場外弾。元虎戦士のアドバイスを生かし、同じ緑を基調とするユニホームの強豪を打ち砕いた。

 「打った瞬間いったなという感じでした。低く強い打球を打つイメージで(打席に)入れたことが良かった」

 2―1の3回1死一、二塁。0―2と追い込まれたが、内角に甘く入った直球を捉えると、打球は右翼の防球ネットを悠々越えた。「(過去)一番の当たり」と自画自賛の一発。兵庫大会で優勝後、この日もスタンドで見守った元阪神の葛城育郎コーチから打撃時に顎が上がる癖を指摘され、引いて下げるように修正。ポイントをつかみ、勝利を決定づけるアーチを放った。

 春夏通算35度の甲子園出場を誇る名門にとって、春季近畿大会の白星は8年ぶり。「過信しないよう、自信につなげたい」。夏につなげる春。頂点しか見ていない。(北野 将市)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月22日のニュース