×

立大、あと1アウトが遠く優勝王手スルリ 溝口監督「もったいない試合でした」

[ 2022年5月22日 05:30 ]

東京六大学野球第7週第1日   立大3―3明大 ( 2022年5月21日    神宮 )

<明大・立大>8回、この回失点を1で食い止め、ベンチへ戻る荘司(左)と黒岩の立大バッテリー(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 立大は、あと1アウトで優勝に王手をかけるところから追いつかれた。自身最長の9回を投げ切り、最速152キロをマークした荘司は「1点を争う試合になると思っていた。最後はストレートで押したんですが。悔しいです」とショックを隠せず。

 溝口智成監督も「もったいない試合でした。でも追いつかれたら、あのまま負けるところを引き分けた。プラスに考えます」と切り替えた。主将の山田が6打席無安打と沈黙し「勝つには4年生の頑張りだぞと話したんだが」と奮起を促していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月22日のニュース