×

巨人 連勝4でストップ…1日で首位から陥落 9回に1点差まで迫るも拙攻響く

[ 2022年5月22日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―2阪神 ( 2022年5月21日    甲子園 )

<神・巨>8回、選手交代を告げる原監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人は、あと一歩及ばず惜敗。連勝が4で止まり、1日で首位から陥落した。9回に1点差まで迫り、なおも2死満塁としたが、原監督は「う~ん、まあ、そうですね」と悔しさをにじませた。

 2点を追う9回無死一、二塁、強攻策のウォーカーが中前適時打を放ち1点差。なおも無死一、二塁で、打率リーグトップの3番・吉川に送りバントのサインも、スリーバントに失敗した。流れをそぐミスも響いたが、指揮官が悔やんだのは拙攻だった。

 3度目の対戦となった阪神の先発・ウィルカーソンをまたも攻略できず、7回まで散発3安打。2回1死一塁は中島が遊ゴロで、7回無死一塁は岡本和が二ゴロでいずれも併殺となり、二塁すら踏むことができなかった。前夜は5時間3分の熱戦の末に白星を奪ったが、1936年の復刻ユニホームでの5試合目で初黒星を喫した。

 ウィルカーソンには計18回で3得点のみ。指揮官は「もう少し仕掛けが早くないと。もう少し対策を考えないといけない」と打線の奮起に期待した。(花里 雄太)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月22日のニュース