×

阪神・岩崎 ヒヤヒヤ今季6セーブ 矢野監督「もうしびれましたけどね。優を信じて」力投称える

[ 2022年5月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-1巨人 ( 2022年5月21日    甲子園 )

<神・巨>1点差で逃げ切り、長坂(右)とグータッチする岩崎(撮影・成瀬 徹)  
Photo By スポニチ

 しびれる形で最後のアウトをもぎ取った。岩崎が、1点差に詰め寄られながら試合を締めて今季6セーブ目をマーク。新守護神が意地を見せた。

 2点リードの9回。先頭の増田陸から3連打を浴びて1点を失った。なおも無死一、二塁とたちまち窮地に陥った。同点、まさかの逆転の悲劇まで頭をよぎる中、寡黙な左腕は力を振り絞った。吉川に犠打を決めさせず1死を奪うと、岡本和はボテボテの二ゴロ。2死二、三塁から中田にはフルカウントから四球で満塁とされたが、最後はこの回3人目の代打となった北村を直球で詰まらせて遊ゴロに仕留めて、逃げ切った。

 ベンチで見守った矢野監督も「もうしびれましたけどね。優を信じて。頑張ってくれって。よく投げてくれました」と力投をたたえた。投手陣は前日の6失点で4月22日から続いていた3失点以下の連続試合が21でストップもこの日は1失点で“リスタート”。背番号13を中心に再び鉄壁のブルペン陣を構築していく。(遠藤 礼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月22日のニュース