×

巨人・高橋 2回途中4失点KO 昨季キャリアハイ11勝左腕がまたも…

[ 2022年5月22日 14:54 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2022年5月22日    甲子園 )

<神・巨(12)>巨人先発・高橋(撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 巨人の高橋優貴投手(25)が阪神戦(甲子園)に先発も、2回途中で4失点を喫し、降板した。

 昨季はキャリアハイとなる11勝を挙げたが、今季は苦しい内容が続いている。前回先発した15日の中日戦(東京ドーム)では1回2/3を6安打4失点でKO。17日の広島戦(宇都宮)では中継ぎにまわり、9回に2番手で登板したが、1死も取れずに降板した。

 この日は今季2勝目をかけ、中4日で先発。初回は走者を背負いながらもなんとか無失点で切り抜けたが、2回は四球で走者をためると、近本、大山に適時打を許して失点。結局、1回2/3で交代した。2番手の戸田も失点し、計4失点を喫した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月22日のニュース