阪神・高橋 6カ月ぶり登板で最速150キロ計測など1回無失点 首位走るチームの後半戦キーマンだ!

[ 2021年7月3日 13:50 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―中日 ( 2021年7月25日    鳴尾浜 )

阪神・高橋遥人

 上肢のコンディション不良からの復帰を目指す阪神の高橋遥人投手(25)が半年ぶりとなる実戦登板を果たした。

 2番手で4回から登板し先頭・遠藤の初球に投じたストレートは150キロを計測し最後はツーシームで見逃し三振。マルティネス、石垣も内野ゴロに仕留め3者凡退と上々の内容だった。

 開幕ローテーション入りが期待されながら、2月16日の楽天戦で右脇腹の違和感を訴えて降板。開幕1軍を逃し、地道にリハビリを続けていた。今後も段階を踏んでの登板となるが、後半戦での昇格へ向けて確かな一歩を踏み出した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月25日のニュース