横浜4強 1年生「1番」緒方漣が2安打2得点「良い起爆材になれた」

[ 2021年7月25日 05:30 ]

全国高校野球選手権神奈川大会準々決勝   横浜11-3向上 ( 2021年7月24日    保土ケ谷 )

〈向上・横浜〉6回、左前打を放ち、雄叫びを上げる1年生の緒方漣
Photo By スポニチ

 横浜が緒方漣(1年)は向上との準々決勝に「1番・遊撃」で出場。2安打2得点で7回コールド勝ちに貢献し「1番として良い起爆材になれました」と笑みを浮かべた。

 5回1死二塁の守備では、緩いゴロに対して俊敏な動きで三塁のアウトを奪うなど持ち味の好守も発揮。存在感を見せる1年生に、村田浩明監督も「(遊撃手は)緒方しかいない」と信頼を寄せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月25日のニュース