菊池涼がセーフティースクイズ 本番前ラスト実戦で万全の予行演習

[ 2021年7月25日 20:38 ]

強化試合   侍ジャパン―巨人 ( 2021年7月25日    楽天生命パーク )

<巨人・侍ジャパン>6回1死一、三塁、セーフティースクイズを決める菊池涼(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 一発勝負の国際大会。確実に1点を取りたい場面が必ず訪れる。本番前ラスト実戦で、菊池涼がセーフティースクイズを決めて、万全の予行演習をした。

 1―0の6回。浅村、柳田の連続適時打などで2点を挙げ、なおも1死一、三塁の好機で一発で決めた。1ボールからの2球目、平内の外角143キロを一塁方向へ。処理した一塁・中島のフィルダースチョイスを誘い、貴重な4点目を奪った。

 菊池涼は18年11月13日の日米野球第4戦でも決勝のセーフティースクイズを決めており、小技も絡める“稲葉野球”を体現した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月25日のニュース