侍J・稲葉監督 試合後のあいさつで金メダル獲りを改めて宣言 「皆さまと一緒に獲りたい」

[ 2021年7月25日 21:12 ]

強化試合   侍ジャパン5―0巨人 ( 2021年7月25日    楽天生命パーク )

<侍ジャパン・巨人>選手たちを迎える稲葉監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 試合後、侍ジャパンの選手はグラウンドに整列。稲葉篤紀監督が熱い口調で金メダル獲りを宣言した。

 強化試合の相手であった楽天、巨人への感謝の思いを述べた指揮官は、「いよいよ試合が始まります。我々は野球がやれる喜びを感じ、野球に感謝をし、ここにいる選手24人、コーチ、スタッフと結束を詩、侍ジャパンの誇りを胸に戦っていきます」。そう話すとスタンドから大きな拍手が起こった。

 初戦は28日のドミニカ共和戦。福島・あずま球場で行われる。稲葉監督は「無観客試合ではありますが、皆さまがテレビの前で応援してくれている。その思いを胸に、皆さまと一緒に金メダルを獲りたいと思います。どうか、選手に熱いご声援のほどよろしくお願いいたします」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月25日のニュース