花巻東3大会連続出場ならず…二刀流の菱川は6失点で涙「勝って恩返しをしたかった」

[ 2021年7月25日 05:30 ]

全国高校野球選手権岩手大会決勝   花巻東4-9盛岡大付 ( 2021年7月24日    岩手県営 )

<花巻東・盛岡大付>花巻東2番手の菱川(撮影・島崎忠)
Photo By スポニチ

 花巻東は2度追いつくも8回に5点を勝ち越され、3大会連続出場(昨年の独自大会は除く)はならなかった。

 高校通算21本塁打で最速147キロを誇る二刀流の菱川一輝(3年)は3回から救援し、5回1/3を6失点(自責2)。佐々木洋監督から「菱川のチーム。よくやってくれた」とねぎらわれたエースは「勝って恩返しをしたかった」と涙を流し、無安打に終わった高校通算22本塁打を誇る佐々木監督の長男・麟太郎(1年)に夢を託した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月25日のニュース