名将も泣いた8強 日本福祉大付が愛知を撃破 5度の甲子園経験を持つ山本監督「泣いてたら、アカン…」

[ 2021年7月25日 18:34 ]

全国高校野球選手権愛知大会5回戦   日本福祉大付7ー4愛知 ( 2021年7月25日    豊橋市民 )

日本福祉大付・松山は9回を投げ抜き8強入りにガッツポーズ<撮影・徳原 麗奈>
Photo By スポニチ

 日本福祉大付が打ち勝って準々決勝にコマを進めた。

 2点を追う3回に敵失も絡めて追いつくと、5回には中村隆に勝ち越し2ランが飛び出すなど一挙4点。7回にも服巻の適時三塁打で追加点を叩きだした。先発・松山も10安打されながら、最後まで1人で投げきりマウンド上で拳を突き上げ、喜んだ。

 鹿児島・神村学園の指揮官として春夏計5度の甲子園を経験している山本常夫監督は試合後、「泣いてたら、アカンですね。嬉しいです」とベスト8に感極まり涙。「とにかく笑顔を絶やさず笑いきってくれた。大一番でベストゲームをやってくれた」とナインを手放しで褒めた。

 決勝2ランの中村隆は「走者が出ると、変化球が多い傾向があったので、狙ってフルスイングした。チームに貢献できた良かった」と満面の笑み。準々決勝は大府と対戦する。松山は「自分たちは強いチームでない。レベル高いチームに向かっていくだけ」と挑戦者の精神で次戦に挑む。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月25日のニュース