侍ジャパン 24日強化試合・楽天戦の球審がコロナ陽性 出場選手に濃厚接触の該当者なし

[ 2021年7月25日 15:29 ]

24日の侍ジャパン強化試合・楽天戦。試合終了後、あいさつに行く稲葉監督
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)は25日、前日24日の侍ジャパン強化試合・楽天戦(楽天生命パーク)で球審を務めた橋本信治審判員が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたことを発表した。

 橋本審判員は24日正午開始の強化試合で球審を務め、その日夜にNPBの自主スクリーニング検査で陽性疑いに。25日午前に仙台市内の病院でPCR検査を行い、陽性判定された。今後については管轄の保健所と連係して決める。

 管轄の保健所は、24日の試合に出場した両チームとスタッフら関係者、他の審判員は濃厚接触者にあたらないと判断したという。

 事態を受け、侍ジャパンは選手、監督・コーチ、スタッフにPCR検査を実施し、25日午前に全員の陰性が確認された。25日の強化試合・巨人戦(楽天生命パーク)は予定通りに行う。また24日出場の他の審判員は濃厚接触者とは判断されてはいないが、25日の試合には全員異なる審判員が出場する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月25日のニュース