侍「ヤマサカ」コンビ躍動!稲葉監督も「非常に機能していた」と評価

[ 2021年7月25日 05:30 ]

強化試合   日本3―5楽天 ( 2021年7月24日    楽天生命 )

<侍ジャパン・楽天>5回、盗塁する山田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの1、2番に入った「ヤマサカ」が機能した。初回は山田が四球、坂本が左前打で好機を拡大してチームは3得点。山田は5回に左前打&二盗を決め、坂本は9回に中前打を放ってマルチ安打とした。

 打力があって小技もこなし、機動力も十分な2人。稲葉監督も「非常に機能していたと思います」と高く評価していた。

 ▼浅村(初回の右前適時打など2安打)適時打は良い形で前の打者がつないでくれたので追加点が取れて良かった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月25日のニュース