履正社 1年生右腕・今仲 健大高崎エースの兄と「甲子園兄弟対決」夢見て 快投5回2失点

[ 2021年7月25日 05:30 ]

全国高校野球選手権大阪大会3回戦   履正社10ー3四條畷(8回コールド) ( 2021年7月24日    南港中央 )

<履正社・四條畷>先発登板する履正社・今仲(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 履正社の1年生右腕・今仲巧が公式戦初先発し5回2失点にまとめ、3試合連続コールド勝ちに貢献した。

 「緊張して真っすぐが全然いきませんでしたし、3度も先頭打者を出してしまいました。先輩たちが打って助けてもらいました」

 初回に先制点を許し4回にも適時打されたが最速137キロの直球、カーブとカットボール、チェンジアップを駆使。この日投げなかったスライダーやフォーク系も隠しており、ベールはまだ完全には脱いでいない。

 兄は高崎健康福祉大高崎で背番号1を背負う148キロ右腕の泰一。きょう25日に準決勝を戦う予定で「兄とは電話で、甲子園で会おうと話しています」と兄弟での出場を狙う。16年ドラフトでヤクルトから1位指名された寺島成輝もしていない1年夏の大阪大会での先発は、将来のエースナンバーへの期待の表れ。岡田龍生監督も「今日は良くなかったが、本来はもっと球に力がある。こういう経験を糧にしてくれれば」と成長を楽しみにした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月25日のニュース