胸張れ、市原ポニージュニア 追い上げ実らず「銀メダル」 天野監督「来年、再来年に生かしたい」

[ 2021年7月25日 20:34 ]

第45回全日本選手権ポニーブロンコ大会決勝戦   市原ポニージュニア3ー7佐賀ビクトリー ( 2021年7月25日    江戸川区球場 )

 中盤の見事な追い上げも、あと一歩及ばなかった。市原ポニージュニアは6点劣勢の3回に1点を返すと、続く4回には3連打で2得点。4回から救援した背番号1の宮川颯汰は3イニングを零封したが、最終7回に死球からダメ押しの1点を献上した。

 「アウトコースのボールが決まっていました。何とかゼロで抑えたかったので、失点は悔しい。ムダな四死球をなくしていきたいと思います」

 1年生ながら50メートル走は6秒8を誇り、この日は「1番中堅」として先発出場。3回1死三塁では左前適時打を放ち、大会の優秀選手賞を獲得した。

 基本を大切にするのが、チームのモットーだ。入団時にはいきなりノックをすることなく、ゴロ捕球など地道な練習を徹底。長く野球に取り組める下地を丁寧に築きあげる。

 「試合の入り方というのはずっと確認してきたことでしたが、大一番ではうまくいかなかった。ただ、貴重な経験を積めたと思うので、来年、再来年に生かしていきたい」

 天野司監督は早くも雪辱を誓った。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月25日のニュース