阪神・陽川 コロナ感染から実戦復帰、ウエスタン中日戦で3打数1安打2四球

[ 2020年10月15日 16:14 ]

阪神・陽川
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染し戦列を離れていた阪神・陽川尚将外野手(29)が15日、ウエスタン・リーグ中日戦に「6番・DH」で先発し、実戦復帰を果たした。

 2回先頭の第1打席は中日・吉見の低め直球を右前打。続く3回2死一、三塁では四球を選んだ。5回の第3打席は鈴木翔の直球を打ち上げ捕邪飛に倒れたが、8回の打席は四球。6―7の9回1死二、三塁のチャンスでは空振り三振で3打数1安打2四球だった。

 9月23日DeNA戦から実戦は遠ざかっていたが、安打を放つなど、上々の内容をみせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月15日のニュース