【15日プロ野球見どころ】ロッテ・益田 7年ぶり30セーブ達成なるか

[ 2020年10月15日 16:08 ]

ロッテ・益田

 中日のアルモンテは9月19日阪神戦から20試合連続安打を継続中。連続試合安打のプロ野球記録は79年高橋慶彦(広)の33試合。中日では49年西沢道夫がマークした25試合となっている。連続試合出塁も9月8日巨人戦から29試合連続まで伸しており、ともにどこまで続けるか。

 ロッテの益田は両リーグ最多の29セーブ。30セーブに乗せると13年の33セーブ以来7年ぶり自身2度目になる。ロッテの投手でシーズン30セーブ以上を複数回記録しているのは小林雅英4度、西野勇士2度といるだけ。益田が達成すればチーム3人目だ。^

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月15日のニュース