ヤクルト 4連敗 投手コーチ配置転換も結果に結びつかず

[ 2020年10月15日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト6―9DeNA ( 2020年10月14日    神宮 )

<ヤ・D>3回2死一、三塁、ロペスに右適時二塁打を浴び天を仰ぐ石川(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの先発・石川が5回5失点と粘れず、2番手の風張も4失点と傷口を広げた。

 打線は3点差まで追い上げたが、届かず4連敗。この日から斎藤投手コーチをブルペン、石井投手コーチをベンチへと配置転換したが、カンフル剤とはならなかった。高津監督は「深い意味はないが、何か刺激になればと変えた」と淡々と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月15日のニュース