履正社・岡田監督 阪神・井上にエール「打席に入るだけでも勉強。大事なのは今後どう生かすか」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0-3中日 ( 2020年10月14日    ナゴヤドーム )

19年8月の、第101回全国高校野球選手権大会に出場した履正社の岡田監督(左)と握手を交わす井上(撮影・北條 貴史)

 阪神のドラフト2位・井上広大外野手(19)が14日の中日戦で「7番・右翼」で先発し1軍デビューを飾った。球団の高卒新人野手がデビュー戦で先発出場するのはドラフト制以降では1968年の川藤幸三以来、52年ぶり3人目。中日・大野雄の前に2三振に一ゴロで3打席無安打に終わったが、未来の猛虎の4番に向けた第一歩を記した。恩師である履正社の岡田龍生監督(59)は「大事なのは今後それをどう生かしていくか」とエールを送った。

 【履正社・岡田監督に聞く】
 ――昇格の連絡は。
 「朝に本人からありました。『チャンスがあれば積極的に振っていけよ』と言いました」

 ――テレビ観戦。全3打席を見て。
 「チェンジアップに対して全然合っていなかったですね。いつか真っすぐが来ると思って待っていたんだろうけど、相手バッテリーに読まれてましたね」

 ――1打席目はファーストストライクから振りに行く姿勢をみせた。
 「それでも最後の打席の1球目は見逃しましたから。(3打席目は)打てる球はあの初球しかなかったと思う。なかなか思うようにいかなかったと思うし、いろいろ工夫が求められますね」

 ――リーグ屈指の投手、大野雄との対決。
 「超一流の投手なんで、打席に入って見るだけでも勉強になったと思う。だからこそ、大事なのは今後それをどう生かしていくか」

 ――これほど早くのデビューを予想していたか。
 「全然予想していなかったですね。もちろん聞いたときはうれしかったです。タイガースさんにそれだけ期待されている、期待値が高いということですから」

 ――履正社出身のT―岡田、山田哲に続く活躍を願う。
 「それぐらい活躍できる実力は十分持っていると思っています。プロの球にどう対応していくかですね」

 ――明日以降に求めること。
 「あくまでテレビでですけど、今日の3打席を見てどちらかというと引っ張りにいっているように見えた。左投手ということもあってアウトコース中心の攻め方をされていたので、もう少しセンターから右よりの意識を持ってほしいかなとは思う。何かしらの変化をみたい」

 ――高校時代から自分で工夫して打撃を考えていた。
 「私自体があれせえこれせえとは言わないので。井上の時も(昨年の)選抜で星稜に負けてからどう奥川(現ヤクルト)に対応するかを考えさせてやっていた。あのときも夏に初対戦だったら打てていたかどうかは分からない。プロの世界でも今日の3打席を経験して、これからトップレベルの選手と対戦していくなかでどう考えてやっていくかですね」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月15日のニュース