阪神・矢野監督 井上に厳命「将来本塁打王は獲るけど、凡打後の走塁もすごい選手になれ」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0-3中日 ( 2020年10月14日    ナゴヤドーム )

<中・神20>5回1死、一ゴロに倒れベンチに戻る井上(右)を見つめる矢野監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 将来を見据えた抜てきだった。優勝は絶望的な位置だが、Aクラスも確定しておらず勝利が求められる中で阪神の矢野監督はドラフト2位ルーキーの井上を昇格即先発起用。主力クラスでも攻略困難な球界屈指の左腕・大野雄相手に「ここがスタートラインだぞ!」と激励して送り出した意図を、試合後に明かした。

 「一番いいピッチャーと当たれば、それ以降は下がるんだから。スタートとしては、あいつにとって、いい経験になると思う」

 描く未来像は中心打者。「ホームランを打つとか打点を挙げるとか、そういうところがね。わかりやすい部分でいうと誰もが(そこを)期待する」と話す一方で「チームとして大事にしている全力疾走とか、将来ホームラン王は獲るけど、凡打後の走塁もすごいよなとか。そういう部分をしっかり意識できれば、そういう(本塁打王を狙う)選手になっていってくれる。スケールの大きい選手になっていってくれたらなと」と姿勢が大事なことも強調した。

 愛情を込めて送り出したデビュー戦。近い将来に大山との「和製大砲コンビ」が実現することを強く望む。安打も出なかったが、最後まで温かいまなざしを向けた。 (山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月15日のニュース