森繁和氏 6回は志願の続投 チェン・ウェイン 持ち味変わらない球速以上の速さ

[ 2020年10月15日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―4楽天 ( 2020年10月14日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>3回表2死から小深田を投ゴロに取ったチェン・ウェイン(撮影・長久保豊)
Photo By スポニチ

 【森繁和 視点】懐かしい。投球スタイルは私がコーチを務めていた中日時代と同じだった。35歳。直球の勢いは確かに落ちている。それでも差し込むシーンがあったのは、テークバックの小さい投球フォームがあればこそ。後ろが小さく、鋭い腕の振りでピュッと投げる。打者は球速以上の速さを感じるはずで、持ち味は変わっていなかった。

 あとは投げる体力。ほぼぶっつけ本番。4回から少しずつスライダーが抜けだし、右打者の内角直球も逆球に。私は4、5回で降りると思っていた。今後は登板ごとに状態を上げていきたい。中継ぎで1、2イニングの起用も面白いだろう。ぜひCS、日本シリーズで投げるシーンを見たい。

 試合後、チェン本人から電話があった。6回は自ら志願して続投したそうだ。「兄」と慕う中日・吉見も試合を見ていた。彼が中日に入団したのは16年前。元気な姿が日本で見られて本当にうれしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月15日のニュース