ロッテスカウト会議 1位指名は千葉出身の早大・早川、松本本部長「1年目から2桁期待」

[ 2020年10月15日 16:50 ]

早大の早川
Photo By スポニチ

 ロッテが15日、千葉市内の球団事務所でスカウト会議を行い、松本尚樹球団本部長が26日のドラフト会議で早大の本格派左腕・早川隆久投手(4年)を1位指名することを明言した。1位指名選手を公表したのはオリックスの近大・佐藤輝明に次いで2球団目。

 松本本部長は「もともと評価していた。時間かからずに決まった。順調に成長し、1年目から2桁(勝利)期待できる」と説明した。

 早川は地元千葉県出身の最速151キロを誇る左腕で、木更津総合では3年時に甲子園春夏ベスト8進出。早大では1年時からリーグ戦に出場し、3年時は大学日本代表として日米大学選手権に出場した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月15日のニュース