ロッテ零敗、首位ソフトBと4差に 先発・小島6失点で7敗目「申し訳ない」

[ 2020年10月15日 21:07 ]

パ・リーグ   ロッテ0―6楽天 ( 2020年10月15日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>2回表2死満塁から小深田に2点タイムリーを浴びた小島(撮影・長久保豊)
Photo By スポニチ

 ロッテ打線は岸に完璧に封じ込められた。わずか2安打で今季10度目の零敗。首位・ソフトバンクと4ゲーム差に開いた一方で、3位・楽天には4ゲーム差に迫られた。

 4回まで走者は四球の一人のみ。5回に先頭・安田がチーム初安打となる二塁打を放ったが、後続が封じ込められた。

 8回まで毎回の13三振。前日にプロ初アーチの1番・藤原も4打数ノーヒットで2三振と抑えられた。

 先発・小島も7回9安打6失点で7敗目。2回に2死満塁から連続適時打を浴び「2回の4点が全て。申し訳ない」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月15日のニュース