楽天・岸 2年ぶり完封で4勝目、2安打13K「持ち球が全部良かったです」CS諦めない

[ 2020年10月15日 21:00 ]

パ・リーグ   楽天6―0ロッテ ( 2020年10月15日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>気迫あふれる投球の楽天先発・岸(撮影・長久保豊)
Photo By スポニチ

 楽天先発・岸が圧巻の投球。2年ぶりの完封勝利で4勝目を挙げた。115球を投げてわずか2安打で1四球、8回まで毎回の2桁13三振を奪う快投だった。

 「良かった。持ち球が全部良かったです」

 4回まで無安打投球。4点リードの5回に先頭・安田に初安打となる二塁打を許したが、続く中村奨を見逃し三振に仕留めるなど後続を難なく抑えた。

 低めに落ちるチェンジアップ、タイミングを外す縦に大きく曲がるカーブと変幻自在。直球のキレも抜群で8回まで2安打無失点、毎回の2桁13三振を奪った。

 ZOZOマリンは、西武時代の14年5月2日にノーヒットノーランを達成した球場だ。思い出深いスタジアムで18年5月2日の日本ハム戦以来となる完封勝利となった。

 「まだ可能性がある限り、みんなあきらめていないので」。チームも2位・ロッテに連勝で4ゲーム差とし、逆転でのCS出場に望みをつないだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月15日のニュース