なぜ?阪神、2回1死二塁から原口が左前打も1死一、二塁??ボーアの凡走で得点ならず

[ 2020年10月15日 18:45 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2020年10月15日    ナゴヤD )

<中・神>2回1死二塁、原口の左前打で三塁へ進まなかったボーア(右)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 初回にミスから先制された阪神が、今度はミスで同点機を逃した。0―1の2回1死からボーアが中越え二塁打。バットに当てただけでフェンスまで運ぶ怪力を見せたが、その後がいけなかった。

 続く原口が思い切り引っ張った打球は、三塁手・高橋が飛びついても届かず左前へ。ただ、二塁走者のボーアが走っていない。高橋が捕球すると思ったのか、あろうことか二塁へ帰塁。抜けたのを確認してから三塁に向かっても間に合うタイミングだった。1死二塁からの左前打でまさかの1死一、二塁。結局、後続も打ち取られ、得点できなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年10月15日のニュース