西武 5割復帰ならず ドラ2浜屋 制球難で2戦連続4回途中降板で2敗目「力不足です」

[ 2020年10月15日 05:30 ]

パ・リーグ   西武2―7日本ハム ( 2020年10月14日    札幌D )

初回、大田に先制2ランを打たれた浜屋(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 西武のドラフト2位の先発・浜屋が、4回途中5安打3失点で2敗目。5四球を与えるなど2戦連続で4回途中降板となり「同じことを繰り返してしまいました。力不足です」とうなだれた。

 チームは勝てば7月31日以来の勝率5割復帰だったが、得点は9回の2点のみ。日本ハム戦の今季負け越しも決まった。辻監督は「ウチも先発がいなくてしんどいけど困ったもんだ」と浜屋に苦言。次回登板について「考えないといけない」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月15日のニュース