巨人・小林 2軍戦で実戦復帰後初マスク、3イニングで交代「問題なくできました」

[ 2020年8月26日 18:19 ]

イースタン・リーグ   巨人―ロッテ ( 2020年8月26日    ジャイアンツ )

イースタン・リーグ、ロッテ戦に先発出場した巨人・小林
Photo By スポニチ

 左尺骨骨折から1軍復帰を目指す巨人・小林誠司捕手(31)が「2番・捕手」でスタメン出場し、実戦復帰後初のマスクをかぶった。

 右肩違和感で調整中のサンチェスとバッテリーを組んで3イニングの守備をこなし、4回から田中貴に交代した。「患部は問題なくできました。もっと状態を上げて早く1軍の戦力になれるように頑張ります」とコメントした。

 バットでは2打席に立って無安打だったが「久しぶりにファンの皆さまの前でプレーできて幸せでした。この気持ちを忘れずにしっかりやっていきたい」と前向きに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース