DeNA・大和 名誉挽回サヨナラ打!今季初2番起用で2併殺2三振も最後に決めた

[ 2020年8月26日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―4広島 ( 2020年8月25日    横浜 )

<D・広>9回、中前サヨナラ打を放ち祝福される大和(左)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 あわや戦犯から起死回生の一打は、15年目のベテランの意地だった。同点の9回2死一、二塁。DeNA・大和のバットが塹江の初球148キロ直球を振り抜いた。「打った瞬間に越えると思った」という打球は前進守備の左中間を破るサヨナラ打となった。

 ペットボトルから祝福のシャワーを浴びながら、大和はホッと胸をなで下ろした。今季初の2番起用で、この打席まで2併殺に2三振。1番の梶谷が4安打で出塁した好機をことごとくつぶした。「最後のチャンスと思って打席に入った」。梶谷が申告敬遠で回った打席で、今季3度目のサヨナラ勝利を呼び込み、チームの連敗も3で止め「悪い時は消極的になる。後悔のないように初球から振った」とうなずいた。

 ラミレス監督も「あそこで打席が回ったことで2番に起用にした意味があったのだと思った」と笑顔。5度目のチャンスをものにした大和の勝負運が、チームの粘り強さを象徴。2位を死守した。(君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース