DeNA競り負け、終盤2イニングで3者連続三振 ロペス抹消に指揮官「リフレッシュしてもらう」

[ 2020年8月26日 21:09 ]

セ・リーグ   DeNA2―4広島 ( 2020年8月26日    横浜 )

<D・広>選手交代を告げベンチへ戻るラミレス監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAはロペスを欠いた打線にもう1本が出ずに競り負けた。

 0―2の5回に梶谷の10号2ランで追いついたが、再び1点を追う7回は神里、乙坂を送る代打攻勢も野村の前に3者連続三振。2点差とされた9回も鯉の守護神・フランスアの前に3者連続三振で締められた。

 この日、ここまで打率・240、本塁打4と本調子ではないロペスの出場選手登録を抹消。ラミレス監督は「ケガではない。状態が落ちているので2軍でリフレッシュしてもらう。時間はかからないだろう」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース