楽天・三木監督「うまく攻められなかった。悔しい」、涌井援護できず今季4度目零敗

[ 2020年8月26日 22:31 ]

パ・リーグ   楽天0―2ロッテ ( 2020年8月26日    楽天生命 )

<楽・ロ>6回1死、空振り三振に倒れた浅村(右)の奥で険しい表情の三木監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天先発・涌井が7回2失点と力投も、打撃陣がロッテ・小島を打ちあぐねて今季4度目の零敗。三木監督は「何とか攻撃で(涌井を)援護したかった。(小島を)なかなかうまく攻められなかった。悔しいですね」と試合を振り返った。

 初回無死一、二塁、2回無死二塁など、3回までいずれも得点圏に走者を進めるも無得点。4回以降は2安打で二塁も踏めなかった。

 これで今季2度目の4連敗。指揮官は「同一カード6連戦から3連戦に変わった最初で、さすがに(同一カード)3連敗はしたくないという思いが強い。(悔しさを)何とか力に変えて明日にぶつけたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース