広島 5度目サヨナラ負けも執念の同点劇 朝山コーチ「選手は打破して上に行こうとやっている」

[ 2020年8月26日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4-5DeNA ( 2020年8月25日    横浜 )

<D・広12>DeNAにサヨナラ負けをk喫し引き揚げる長野と鈴木(右)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 広島は25日のDeNA戦(横浜)で今季5度目のサヨナラ負け。55試合目にして早くも昨季の数に並んだ。5番手・塹江が2イニング目の9回、大和に決勝打を浴びて万事休す…だ。打線はそれでも見せ場をつくった。3点劣勢から足を絡めた攻撃や、長野の同点打などで追い付く執念。連勝が3で止まっても、今後に希望が持てる粘り腰だった。

 本拠地で首位・巨人に3連勝し、勢いに乗りたいDeNA3連戦の初戦を落とした。もう逆襲に本腰を入れたい55試合目。善戦しても負ければ痛手は大きいが、攻撃陣の意地と執念が詰まった中盤以降の粘り腰には、今後への光が見えた。朝山打撃コーチが言う。

 「諦めずに粘り強い攻撃ができている。気持ちの部分もある。今は最下位でも、打破して上に行こうと(選手は)やっているから」

 序盤で3点劣勢。DeNAの上茶谷に4回まで1安打に封じられながら、5回に入ると確実に反撃した。ピレラ、堂林の連打と田中広の犠打で1死二、三塁の好機を築くと、首脳陣は九里の代打に松山を指名。2球目の外寄りフォークをきっちり中前適時打だ。

 「余計な力を抜いて投手にしっかり入っていけた。走者を還すことができてよかった」

 21日の巨人戦以降、ベンチスタートが4試合続くが、ここ一番で仕事をするのが34歳の値打ち。なおも1死一、三塁では、フルカウントの長野が空振りした6球目に意表を突いてスタート。一、二塁間に挟まれる間に三走・堂林が2点目のホームを踏んだ。

 「打つだけじゃなく足も絡めながら。まだ中盤。1点差になれば展開は分からないのでね」(同打撃コーチ)

 2点劣勢で迎えた終盤7回には敵の前守護神・山崎に痛打を浴びせた。坂倉、ピレラの連打などで1死満塁とし、松山の二ゴロ併殺崩れの間に1点差。なおも2死一、三塁で長野が4番手・エスコバーの154キロを中前へはじき返し、試合を振り出しに戻した。

 「巨人戦(3連勝)の勢いからの今日だったんだけど、ビハインドから追い付いてくれたし、こういうゲームをしていれば…ね。切り替えてまた明日」

 佐々岡監督は、攻撃陣の奮闘に逆襲への希望を感じ取る。首位に3連勝した勢いを持続したい。野村が先発する26日は、より大事な試合になる。 (江尾 卓也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース