火曜日&得点圏ならお任せ! 阪神・サンズがまたも決勝打 休日は息子の野球スクールでリラックス

[ 2020年8月26日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神5-1中日 ( 2020年8月25日    甲子園 )

<神・中(10)> 3回2死一、二塁、サンズは勝ち越しの右前適時打を放つ (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 一気に逆転してほしい…。虎党の願いを「得点圏の神」こと阪神・サンズがかなえた。陽川の犠飛で同点に追い付いた3回。なおも2死一、二塁のチャンスで、聖地に降臨した。

 「みんなが出塁してくれて陽川は犠牲フライを打ってくれたので、続くことができて良かった。甲子園での4番は初めてだったけど、良かったね」

 フルカウントから小笠原の内角145キロに詰まりながらも、コンパクトに振って右前にはじき返した。二塁走者の近本が生還。甲子園で初めて見せる「4番」の勇姿で決勝打を記録。得点圏打率を・459まで引き上げた。

 「見えていた。顔もかっこよくできてるので、これからもハッピーハンズできるようにがんばるよ!」

 この日から販売された「ハッピーハンズタオル」を掲げるファンに歓喜を届けた。8回先頭では左前打を放ち、2試合ぶりの複数安打を記録。得意とする火曜日は25打数14安打の打率・560で12打点。原動力は、愛する家族の存在だ。

 「息子が学校に通っているので、昨日は一緒に学校に行って、野球スクールを見にいって、公園でゆっくりしたよ」。長期ロードを終え再会した家族からパワーをもらい、結果に変えた。

 アニキ的存在になりつつある。16日の広島戦の試合前練習で坂本から打撃についての質問を受けると、惜しみなくアドバイスした。「長い筒の中をボールが通ってくるイメージで、そこに合わせてバットを出すんだ」。

 坂本は23日のヤクルト戦で今季初安打を含む2安打を記録した。「話すことが大事。自分がヒントを得られることもあるからね」。オフには中高生を対象とした指導活動も行っているという“アニキ肌”。その貢献度は、計り知れない。 (巻木 周平)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース