ソフトB 川瀬 攻守で倍返しに成功 高卒5年目でプロ初マルチ安打

[ 2020年8月26日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―0オリックス ( 2020年8月25日    ペイペイD )

<ソ・オ>ポーズを取る千賀(右)と川瀬(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・川瀬が、攻守で倍返しに成功した。「6番・遊撃」でスタメン出場し、2回1死ではオリックス先発の山本から12球粘って中前打。千賀との対決に気合が入る相手エースを揺さぶった。2―0の8回1死二、三塁では、2番手・村西から左前に2点適時打を放った。

 「先輩方から“割り切って思い切りいってこい”と言われた通りに、1打席目から力を出せたのが良かった」

 高卒5年目でプロ初のマルチ安打をマークし、工藤監督からも「粘ってのヒット。ナイスヒーロー」と褒められた。

 11日のオリックス戦。柳田の逆転弾で勝利したが二塁手として1イニングで2失策。このときも先発した千賀を、窮地に陥れていた。「次は僕が助けようと。あの日を忘れないようにプレーしていますし、去年とは気持ちの面で違う」と胸に誓っている。この日は無失策で右腕を盛り立てた。

 現在、正遊撃手の今宮が20日から左ふくらはぎ負傷で離脱中。ここまで、遊撃手で6試合のスタメン起用をチャンスとみている。「キャンプからショートを“ものにする”とこだわってやってきた。一日一日が勝負」。あどけないベビーフーイスが、キリッと引き締まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース