最下位広島にさらなる試練…3番・西川が登録抹消 前夜のDeNA戦で途中交代 セ打率4位好調も…

[ 2020年8月26日 16:22 ]

広島・西川
Photo By 提供写真

 広島の西川龍馬内野手(25)が26日、コンディション不良のため、今季初めて出場選手登録を抹消された。代わりに曽根海成内野手(25)が今季初昇格している。

 西川は昨年8月に球団タイ記録の月間42安打をマークするなど活躍し、初めて規定打席にも到達。今季もここまでチームの55試合中53試合に出場してセ・リーグ4位の打率・318、4本塁打、23打点と活躍していたが、「3番・中堅」で先発出場した前日25日のDeNA戦(横浜)で2打席に立った後、5回の守備からベンチに退いていた。

 広島は現在セ・リーグ最下位に低迷中。苦しい戦いが続く中、頼れる3番打者の離脱となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース