巨人・ウィーラーが令和1999号 ヤクルト相手に初回2ランで先制パンチ「ハークション!!」

[ 2020年8月26日 18:19 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2020年8月26日    神宮 )

<ヤ・巨>初回1死一塁、先制2ランを放つウィーラー(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人のゼラス・ウィーラー内野手(33)がヤクルト戦(神宮)の初回、先制の7号2ランを放った。

 「3番・左翼」で先発出場。初回、1死一塁で入った第1打席でヤクルト先発左腕・高橋がカウント2ボール2ストライクから投じた5球目、外寄りのスライダーを左中間スタンドへ叩き込んだ。

 ウィーラーの本塁打は15日の中日戦(東京D)でR・マルティネスから放って以来。来日初登板初先発のディプランへ初回から強力援護となった。なお、この本塁打は令和通算1999号となっている。

 ▼巨人・ウィーラー 打ったのはスライダー。一打席一打席を大切にしている。ホームランは打ててうれしいけど、次の打席はもっといい打席にしたいね。3打席目はもっといい打席みたいにね!常にレベルアップしていきたい。ハークション!!

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース