阪神・木浪、ダイビングキャッチから一夜 問題なく通常メニューを消化

[ 2020年8月26日 14:58 ]

阪神・木浪(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・木浪はスパープレーから一夜明け、26日の試合前練習は問題なく、フリー打撃などの通常メニューを消化した。

 25日の中日戦では4回にアルモンテの飛球を背走しながらダイビングキャッチ。そのまま頭から一回転して首を強打した。担架も用意されたが、プレーを続行。試合後には「問題ありません」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース