日本ハム・渡辺 3試合連続で打点「初球からしっかり真っすぐを狙って」

[ 2020年8月26日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―3西武 ( 2020年8月25日    メットライフD )

初回2死一、三塁、中前に適時打を放つ日本ハム・渡辺(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 日本ハムの渡辺が3試合連続で打点を挙げ、貴重な先制点をもたらした。

 初回に4番・中田が一塁走者・松本とのランエンドヒットを成功させて一、三塁と好機を拡大させた場面で、渡辺が149キロの直球を“破壊”して先制の中前打。「(高橋光は)真っすぐが良い投手なので、初球からしっかり真っすぐを狙って打ちにいきました」と満足げに振り返った。

 5試合連続安打で、うち4試合が複数安打。「狙った球をしっかり打ち返せている。ベンチの雰囲気も良いし、みんな楽しく試合に臨めているので、それが良い結果につながっている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース