楽天 早めの継投も痛恨の逆転負け 今季4度目の3連敗

[ 2020年8月26日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4―8ロッテ ( 2020年8月25日    楽天生命パーク )

初回1死一塁、マーティンに四球を与え、しゃがみこんで悔しがる楽天・弓削(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天の先発・弓削が自己最短の1回1/3で3失点KO。三木監督は「ズルズルいくわけにはいかない」と早めの継投で勝負に出たが、7回に5番手・シャギワが5失点と炎上して手痛い逆転負けを喫した。

 「非常に悔しい、何とも言えない試合になってしまった」。5回終了時にはベンチの中で輪をつくり「タフな試合になっているけれど、勝つためにしっかり最後までやろう」と選手に伝えたが、打線も4回以降は無得点と沈黙した。勝てば2位に再浮上となるところが今季4度目の3連敗。4位・日本ハムに1ゲーム差に迫られた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース