阪神・木浪 ダイビングキャッチで頭から一回転 担架搬入、一時悶絶もプレー続行

[ 2020年8月26日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神5-1中日 ( 2020年8月25日    甲子園 )

<神・中(10)>  4回 無死 アルモンテの遊飛を好捕する木浪    (撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 甲子園が騒然とする中、背番号0が立ち上がった。

 4回無死、アルモンテの飛球を阪神・木浪が背走しながらダイビングキャッチ。そのまま頭から一回転した。首を強打したかに見え、矢野監督以下首脳陣もベンチを飛び出し、担架も用意されたが、しばらくして立ち上がるとベンチに戻ることなく、プレーを続けた。

 「飛んできた打球に対して必死にやった結果。アウトにできて良かった。体も問題ありません」と19日ぶりの甲子園で再三の好守も披露した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース