巨人、再逆転された直後に再逆転!重信同点打の後、ウィーラー打で逆転!岡本も続いた!

[ 2020年8月26日 20:48 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2020年8月26日    神宮 )

<ヤ・巨>6回2死一、二塁、左前に勝ち越し適時打を放つウィーラー(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人が再逆転された直後の6回に一挙3点を取って再び逆転に成功した。

 5回に2点を失って4―5と逆転されて迎えた6回、四球を選んで出塁した先頭・岸田の代走・増田大が二盗を決めると、吉川尚の二ゴロで1死三塁。ここで5回裏途中から左翼の守備に入っていた重信が左前にまずは同点適時打を放った。

 そして、坂本は倒れたものの、松原が四球を選んで2死一、二塁とすると、ウィーラーが左前適時打を放って逆転。さらに主砲・岡本の右前適時打でもう1点を加えて7―5とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月26日のニュース